食べ物

お好み焼き

せっかく広島に来たのだからと、昼食は会場近くの繁華街まで行き、お好み焼き屋さんを探した。考えれば当たり前のことだが、店の看板には「お好み焼き」とは書いてあっても「広島風」とは書かれていない。私たちは、お好み焼きというと大阪のそれをなんとな…

お好み焼き

お好み焼き(広島風)、スペシャルという1200円のメニュー。これひとつで腹一杯。

変わり餃子

この夏の台風連発のせいだか、秋の天気不順のせいだかで、キャベツや白菜の値段がだいぶん高いらしい。そんなわけで我が家では鍋の種が白菜中心からモヤシ中心に移っている。畑で作られる一般の野菜に比べて、モヤシは工業製品だから作柄が天候に左右されな…

タコ焼き

出張でタコ焼きの本場に来たので、早速お昼に食べた。自分で焼く店。

うな重と鯉こく

土日に休みを合わせて家族で旅行に出かける予定があったのだが、残念ながら次女の予定が合わなくなったために中止になった。それでは何となく気が収まらないところもあったので、子供たちには悪いけれど、妻と一緒に諏訪へ鰻を食べに出かけた。 うな重を出す…

ピザ

今夜は自家製ピザ。ピザシートは、厚みを平均にしようとしているとどうしてもいびつな形になってしまう。しかし、買ってきて役だけのやつと比べたらはるかに美味しい。 ピザ職人がやるように、くるくる回して・上に投げて・キャッチ、というのをやってみたが…

すた丼

早起きした出張帰りのずいぶん遅い昼食は、談合坂サービスエリアで食べた「すた丼」だった。同行したMさんの強い勧めがあったからだ。初体験だったので並サイズだったのだが、最後まで食べるのがつらかった。御飯が多い。そして脂っこい。ふう、なんてため…

水羊羹

今日は久しぶりに晴れ渡り、暑くなった。甲府では真夏日になったようだ。今日の僕は休みのところを午前中だけ出勤した。帰ってきた午後からが暑かった。

勝手丼

釧路市の名所になっている和商市場には、そこの名物となっている勝手丼というものがある。テレビの紀行番組などで扱われることが多いので、知っている人は多いと思う。僕が仕事で釧路に通っていた20年前にはそういうものは無かった。今回、久しぶりに行った…

ブランド水

総会、講演、いろいろな発表を聞く参加者のために配布された水です。「くしろ阿寒百年水」「いろはす天然水ハスカップ」後者は少し味が付いていて旨かった。いろはすはあちこちにあるので、味がついて旨い以外は取り立てて何も思わなかったのだが、阿寒百年…

桜缶

職場では19日からプラネタリウムの新番組ということで、ずっと忙しかった。休みの日でも職場や製作スタッフから電話やメールがかかって来ていた。休みにも職場に出たりして、心配性なせいもあって一層忙しかった。初日、二日目を終え、多くの観客に気持ちが…

ひな祭り限定焼き菓子

今日、職場で「ひなあられって美味しくないよね」などという話をしたところだった。今日は雛祭りの日なわけだが、我が家にはひなあられが無かった。代わりにこのお菓子が出てきた。菓子王国である北海道十勝の菓子メーカー「柳月」の限定お菓子だ。かかって…

sukky

あと10日でバレンタインデー。ポッキーもスッキーになっている。

生ジュース

僕が子供の頃はこの種の飲み物を出す店はよくあったように思うが、小学校の半ばぐらいの頃すっかり見なくなった。でも、この10年ぐらいは増えてきたようだ。これはちょっと前に妻と一緒にイオンモールに行った時に飲んだやつで、右は僕が飲んだキウイのL、…

保存食

長女が学校から保存食をもらってきた。賞味期限的なものが切れると配るようだ。

星たべよ

明日からの二日間、職場で開催するプラネタリウムフェスティバルというイベントで、「星食」のことを話すので、妻にこれを買ってもらった。近頃は売っている店が少ないそうで見つけるまでにずいぶん時間がかかったそうだ。以前とは袋のデザインが変わってい…

あんず飴

元旦の神社に出ていたあんず飴店には、様々なバリエーションの雨が並んでいた。僕が子供の頃にもみかんやパイナップルはあったが、近頃はカントリーマアムまでバリエーションに加えられていた。そんなものもやがては普通なものになるのだろう。 この夏、僕が…

夏みかん

千葉あたりでは、庭木に夏みかんがたわわに実っていたりする。ちょっとおやつの時間に庭の夏みかんをもぎって食べたり、庭の実りでママレードを作ってみたり、そんな楽しみを想像するとうらやましい。

まぐろづくし

ゲーム(マインクラフト)ばかりの堕落した生活を送った年末年始だったが、思い起こすそうではないこともいくつかやってはいた。例えばこの写真。贅沢にも「まぐろづくし」だ。しかし、金額的には300円ちょっとのもの。というのも、この時期は豪華なお刺身の…

あまおう

これっぽっちで1000円以上するのだから、いわゆる高級品だ。それにしても実の形は良くないなあ。イチゴの形として典型的なイメージがあるあの形とはまるで違う異形な感じが、B級SF映画に出てくる宇宙生物的な気味悪さを感じさせる。

シードル

昨夜のクリスマスイブでは、いつものシャンパンでは無く、シードルを飲んだ。シードルとは、言わばスパークリングアップルワイン。この銘柄は初めてみたのだが、山梨のワイナリーで醸造しているもので、ボトルの感じも良かったので買ってみた。アルコール度…

おどろき顔

長女がインスタントラーメンを食べようとして器にスープの素を入れると、しょうゆと油がうまい具合に分離して顔のようになった。ちょっと右後方を目を見開き、口を開けてびっくりしているような。

朝夕はすっかり涼しくなり、とても半袖ではいられない感じになった。 近所を散歩してみたら、あちらこちらで柿が実っていた。実が重すぎて枝がたわみ、地面にくっつきそうなものもあった。柿というのはこれだけあちこちで生っているのが見られるのに、スーパ…

タラ

魚屋さんにタラが売られていた。小振りなのでスケソウダラかなと思う。よく見ると、口から小魚の尾びれが覗いている。面白いなと思って写真を撮ったら、お店の人にたしなめられてしまった。

タバスコ大瓶

1ガロンなんていう規格のタバスコ瓶があるんだな。値段は4,980円だそうだ。 これを見ていたらビールの「樽」を思い出した。と言っても、生ビールの樽ではなくてお店で売っていた最大3リットルの樽だ。2リットルと3リットルが主流で、各社で出していた。…

駄菓子の自作

次女の今年の自由研究は、春からすっかり夢中になっていた駄菓子屋のお菓子がテーマだ。なんでも、赤色何号だの青色何号だのといろいろな着色料が使われているそうで、それを調べてまとめていた。調査のために駄菓子をいろいろ買えたのが嬉しかったらしい。…

ベニバラード

見た目も味も「甲斐路」の系統という感じ。皮は薄くて渋みがほとんど無いので食べやすい。巨峰やピオーネなどの芳醇な甘さも良いが、こういう爽やか系も美味しい。

双子の卵

今朝のおかずはベーコンエッグだったのだが、卵が双子だった。これはイイことあるかな、と思わせてくれた。 しかし、今日は実に嫌な日になった。仕事の事なのでこれ以上は書かない。

ブドウの実り具合

20日ほど前の写真。 1本の枝の中で実り具合がまるで違う。一応番号をつけてみた。1=普通、2=やや小さい、3小さすぎ、4=極小、5=全く無し、というところ。5は受粉しなかったとして、2,3,4あたりはどういう具合なのか僕程度の知識ではわからない。

クジラの缶詰

今日は、アメリカ合衆国の独立記念日だそうだ。今年で239年、若いとも言われるアメリカも、人間で言えば寿命をはるかに超えたかなりの年寄りになった。 僕が子供の頃、アメリカ独立200年という節目の年が巡ってきて、様々な関連商品が売られていた。僕は、ア…