向うの山肌

甘利山の頂上から見ると、向うの山肌がやけに明るくて綺麗に見えた。「隣の芝生」という言葉があるが、なんとなく向うの山に行ってみたいような気持にさせられた。明るく見えた向うの山肌は、どうやら一面が笹に覆われていて、所々に木が生えているようだ。あの斜面にはどうやら道は付いていないようだし、このまま降りることにした。運動不足が甚だしい近頃の僕にとっては、わずかな上り下りですっかり疲れるほどだった。