セイタカアワダチソウ

20201222220707

花が咲いているときにも関心を示されることが無いセイタカアワダチソウ。気持ち悪いとすら言われることもある。花が綿毛になり葉の色が薄くなったような状況は見向きもされない40年前ほどにススキをはじめとする在来種たちを追い払って野原を独占した所業、喘息の原因だと広く誤認されたこと、そんな過去の出来事が嫌われる原因か。そして今でも外来種であることやアレロパシーで嫌がられる。ある意味、気の毒なようにも思う。