景色

雨の夜の手前の頃

台風14号が来ていたが、低気圧に変わった。大雨が心配されていたが、甲府では大したことなく終わった。しとしと降る小雨が残っていた夜と黄昏の間ぐらいの時間、線路沿いの濡れた駐車場に照明の明かりが反射していた。

ダム湖

小さなダム湖。左奥にコンクリートの造作物があるが、水力発電のための水が湛えられている。ピタッと静止した水面に山が映っている。明鏡止水。写真は9月11日の撮影だが、まだ激しいセミの鳴き声が聞こえていた。

千波の滝

このところ雨が多い印象があったのだが、千波の滝を迫力ある姿にするにはまだ足りないようだ。高さはあっても元々水量に乏しい滝だから、見る日の条件は肝心。

毛無山方面

休みの日にテレビをつけるとコロナの話ばっかりで見る気がしなかったのだが、ここ数日は自民党総裁選の政局ニュースが中心で毎日のように変化があるので、テレビを見る時間が増えた。

野面積み

甲府城の石垣は野面積みという様式。東面のこの部分は、野面積みとしては最高の高さだそうだ。

線路の様子

駅のそばにある踏切からは、鉄道に関するいろいろな景色が見られる。正面は線路の行き止まりにある鉄製の車止め、右奥にはコンクリート製の車止めが見える。左には始発の車両が入線を控えて待っている。意外にも雑草は少ない。きちんと手入れがされている。

謎の空き地

大きな立体駐車場の片隅にある小さな空き地に雑草が茂っていた。何故ここだけこんなことになっているのだろう。ここからはまるで想像だが、例えば地主さんが売り損ねてしまった土地かもしれない。大きな立体駐車場を作るべくデベロッパーがこの辺りの土地を…

昨夜は涼しくて掛け布団を出してしまった。今夜も涼しいから布団掛けて寝るかな。

夕焼けの街

夕方になってサーッと雨が降り、それが上がると街の建物が赤く染まった。東京オリンピックは今日も日本に金メダリストが複数誕生。毎日必ず金メダルがある。すごいね。

サンダーバードのコンテナ

田んぼと森の境目、その森をよく見るとサンダーバード2号のコンテナと思われるものがひっそりと置かれているではないか。秘密の任務が進行しているのだろうか。空を見上げてみたが、残念ながら曇り空。スコットやバージルが乗って飛行するサンダーバード機…

八ヶ岳

低空の雲が晴れて八ヶ岳が見えた。しかしその上にも雲が垂れ込めている様子。今日あたりはどうだっただろう。今日の甲府盆地では、昼頃ににわか雨があったが、それ以後は空が晴れてきた。天気予報によれば停滞前線が姿を消したので明日あたりに梅雨明けの発…

熟した梅の実

梅の木からたくさんの梅の実が道路に落ちていた。何かの事情で収穫をしなかったのだろうか。もう薄い橙色にまで熟しているから、梅干しや梅酒の材料には適さないのかもしれない。杏子とよく似た甘い匂いが漂っていた。

閉まった商店

集落にある閉まった商店。どれほど前なのだろう。すでに店の看板は無い。でも、集落の入り口にある住宅地図にはまだ載っている。その地図にある店名などから想像するに、昔で言う「よろずや」だったのだろう。店の脇に設置された郵便ポストはまだ生きている…

田植えと雲

夏らしい形の雲が出るようになった。夕方の赤い光を浴びて立体的に見えていた。田植えが終わったばかりの田んぼにそれが映っていた。今日のこの雲は小さいが、昨日の雲は大きかった。

三方護岸の底

三方護岸の底には、様々な種類の植物が繁茂している。しかし、梅雨の後半に来るだろう大雨で出る水に、溺れるように洗われるのだろう。

山間の集落

目的地も無く単車に乗ってなんとなく峠を登り、ちょっとした気まぐれで横に逸れて知らない道を行くと、森を抜けて不意に現れた山間の集落も新緑に包まれていた。

万寿森古墳

湯村温泉の近く、住宅地にある古墳「万寿森古墳」大きな木が伸び放題でこのままでは形が崩れるなと思っていたが、去年か一昨年あたりに伐採され、全体像が見えるようになった。大正時代に撮られたという写真がWikipediaに掲載されているが、周囲は田んぼか畑…

扇状地の春

僅か1週間前の写真だが、もう緑色の様子は変わっている。この頃は向うの山に点々とヤマザクラが咲いているのが見えていた。

ヤグルマギクの庭

空き家の庭をいっぱいに埋めたヤグルマギクが満開だった。国破れて山河在り、城春にして草木深し、、、を思い出した。

北伊奈ヶ湖のカモ

櫛形山の北伊奈ヶ湖に行った。明治時代に電力用に造られたという人造湖だが、今も発電に使われているかどうかは知らない。湖畔は、そろそろ新緑が始まった頃だった。歩いていたらぽつりぽつりと雨が落ちて来たので、早足気味に駐車場に戻った。戻った頃に雨…

雲の滝

昨日までの雨が春霞を洗い流してくれたようで、今朝の空気は澄んでいて遠くの山の様子がくっきりと見えた。富士山を見ると縦じまが目立ってきた。そして今朝は、御坂山地を越えてこちらへ降りてくるような雲を見ることが出来た。北海道の摩周湖では、太平洋…

雲海と霧

朝からずっと雨降り、ときどき強く降るような天気だった。こんな日は広い屋内で遊んですごせる僕の職場のような場所は大賑わいになる。今日まで緊急事態宣言は続いているはずだが、展示室からは賑やかな声が聞こえ、定員削減中ではあるがプラネタリウムの券…

梅林と葡萄棚

1週間ほど前、まだ冬の頃の景色と変わらない葡萄棚の向こうには、白い花をたくさん湛えた梅林が見えていた。しかし、そろそろ桜が咲き始めたし、梅の花の時期は終わり。

日没後の農鳥岳

ここ最近ときどき甲府盆地に降る雨は、標高の高い南アルプスの峰には雪となって降っていたようで、真冬よりもよっぽど白い姿になっている。農鳥岳もこのように真っ白。

白根三山

今日は快晴で気温も上がり、しかも幸いにも仕事が休みだったので単車で出かけた。快晴の代償で風が強く、ときどき振られるような横風を浴びた。その風は山の上ではさらに強かったようで、白根北岳ではまるで噴火のように雪煙が舞っているのが見えた。のんび…

ダム湖と星

ホワイトデー忘れてた。

山と残月

3月3日の朝に撮影した写真。農鳥岳の白い雪は朝焼けに染まり、その上の方には月が光っていた。

啓蟄

立春からひと月が経過し、今日は啓蟄。今日は曇りのち雨の天気だったが、数日前の散歩では、春霞に煙る遠景を背に梅が満開となって良い匂いを放っていた。手前にはホトケノザの大群落が濃いピンク色の花を咲かせ、休耕の畑を染めていた。梅やホトケノザをよ…

夜景の手前に

黄昏時の、一つ二つと星が見えるほど暗くなった空と、たくさんの明かりが灯った夜景をバックにモミの大木が高くそびえていた。

薬師ヶ岳

オカジマとココリの間の通りから西の方向を見ると、鳳凰三山の薬師ヶ岳が見えていた。