ワスレグサ属

ノカンゾウに似ているようだが花が橙色でなく黄色で花弁が大きい。畑のそばに植えられていた。

ムラサキツユクサ

散歩道のコンクリートで固められた壁の隙間に生えて咲いていた。ムラサキツユクサについて調べてみたら、原形質流動の教材に使われるとあった。何だか懐かしいような習っていないかもしれないような、そんな言葉。念のため Youtube で検索したらいくつかのこ…

コマツナギ

アスファルトの隙間に根を下ろしたコマツナギが、サッカーボール大に繁っていた。あちこちに花薹を伸ばしピンク色の花をたくさん咲かせていた。

マイマイガの幼虫

散歩をしていたら、僕の行く手を横切っている毛虫がいた。赤と青と黄色の配色が良く目立つ、マイマイガの幼虫だった。車に轢かれる前に頑張って渡り切れ。

長いオフ

今の時期、チェーンを巻いたままのトラクターは車庫で長期のお休み。

ムラサキサギゴケ

今日は、サッカー日本代表のセルビアとの親善試合をテレビ観戦した。長友選手がキャプテンマークを付けて先発出場していた。息の長い選手だ。大活躍したワールドカップ南アフリカ大会から久しいが、11年前の今日が開幕日だったようだ。我が家がハイビジョン…

金魚のような

多分、園芸種だろうが、何という名前の花だろうか。まるで紅白模様の小さな金魚がたくさん泳いでいるような、そんな風に見える。

ネズミモチ

雨に濡れた生垣に白い花が咲いていた。調べてみたらネズミモチという木の花のようだ。実や葉にいろいろの生薬成分が含まれるらしい。

ウツギの花と実

ウツギは空木と書く。もう四半世紀も前のことになるが、当時の会社の同僚で登山が得意のU君に、中央アルプスの縦走に連れて行ってもらったことがある。初日は木曽駒ケ岳からの素晴らしい景色を見ることが出来たが、翌日は朝からポツポツと雨に降られ、やが…

倒れた案内看板

2か月近く前の写真だが、ハイキング道の案内看板が倒れていた。台風の影響だったのかなと思うのだが、こういうものの整備もコロナの影響で後手に回っているようなこともあるのだろうか。ハイキングなんて、不要不急な外出だろうからなあ。元々インドアな生活…

マツヨイグサ

マツヨイグサのアップ。おしべが整然と、ではなくクネクネと複雑に見えている。昆虫が入り込めば確実に体にたっぷりと花粉がくっつく仕組みだ。

ニュータイヤ

単車(Honda GB400TT SE)を車検に出していたのだが、前後ともタイヤを替えた。特に前のタイヤは溝の深さがほんのわずかになっていたし、前後とも古くてゴムが劣化していたのか乗っていて滑るのがわかったほどだった。ショップから乗り出したとたんにグリッ…

雨の日の生垣

雨の日の生垣では、張られていた蜘蛛の巣に水滴がたくさんついていた。これでは獲物に丸見えだ。

センダンの花

センダンの花。栴檀という字を書くそうだ。一つの花はなんとも地味で綺麗とは言い難いが、花がまとまると薄紫色に見えて綺麗と言えなくも無い。

熟した梅の実

梅の木からたくさんの梅の実が道路に落ちていた。何かの事情で収穫をしなかったのだろうか。もう薄い橙色にまで熟しているから、梅干しや梅酒の材料には適さないのかもしれない。杏子とよく似た甘い匂いが漂っていた。

閉まった商店

集落にある閉まった商店。どれほど前なのだろう。すでに店の看板は無い。でも、集落の入り口にある住宅地図にはまだ載っている。その地図にある店名などから想像するに、昔で言う「よろずや」だったのだろう。店の脇に設置された郵便ポストはまだ生きている…

田植えと雲

夏らしい形の雲が出るようになった。夕方の赤い光を浴びて立体的に見えていた。田植えが終わったばかりの田んぼにそれが映っていた。今日のこの雲は小さいが、昨日の雲は大きかった。

三方護岸の底

三方護岸の底には、様々な種類の植物が繁茂している。しかし、梅雨の後半に来るだろう大雨で出る水に、溺れるように洗われるのだろう。

ザクロの花

ザクロの花。なんとなくヒトデっぽい。

ツツジ

街角に、まだツツジが満開の場所があった。

芝生とシロツメクサ

シロツメクサが公園の芝生を侵食している。多くの人に踏みつけられているのに元気で勢力圏を広げている。人間が公園を綺麗にするために植えた芝生に生えてくるわけだから典型的な雑草といえるわけだけど、シロツメクサに座るとふんわりしているしひんやりと…

皆既月食の残滓

今夜は久しぶりの皆既月食が起こるということで、職場でも観望会を組んでいたのだが、残念ながら曇り空で赤い色の月を見る事は出来なかった。家に帰ってから空を見上げたら、雲を透かしてぼんやりと皆既を終えた細い月が見えていた。 ところで、Hatenaブログ…

ピンクのヒメジョオン

昨日掲載のウスバシロチョウがいた場所のヒメジョオンの群落には、花弁がかなりピンク色の株も所々にあった。どういうことで出現するのだろうか。

ウスバシロチョウ

たくさんのヒメジョオンが咲いている群落にヒラヒラとゆっくりと花をはしごして飛んでいる蝶がいた。羽根がうっすら透明で脈が黒くて体が毛深いやつ。調べたらウスバシロチョウという種類だった。幼虫の食草に有毒のものが含まれるのでウスバシロチョウも有…

キク科の花

キク科の花。調べてみたのだがこの種の花は多すぎて僕には同定できず断念。

農鳥

曇っていて家から富士山は全く見えなかった。イチかバチかで近くまで行ってみたら姿を見ることが出来た。農鳥はだいぶん溶けて平仮名の「し」みたいな形になっていた。ちょうど良い具合に農鳥が木の枝に止まっているような位置で写真を撮ってみた。標高も高…

ナズナ

こんがらがっているのではないかと思わせるほどの、ナズナの群落があった。

山間の集落

目的地も無く単車に乗ってなんとなく峠を登り、ちょっとした気まぐれで横に逸れて知らない道を行くと、森を抜けて不意に現れた山間の集落も新緑に包まれていた。

キツネアザミ

キツネアザミはアザミと名が付くがアザミとはちょっと属が違うキツネアザミ属の植物だそうだ。アザミの仲間で探していても見つからなくて探す範囲を広げたら出てきた。他に「キツネ」がつく植物を調べてみたら、キツネノボタン、キツネノカミソリ、キツネノ…

クサノオウ

昼過ぎから単車で出かけた。山の登り道や田舎の道を乗っているとそれが面白くてなかなか停まって写真を撮る機会が少なくなる。分かれ道があってどっちに行こうかと迷ったようなときに仕方なく停まって、単車を降りたりする時が写真を撮るときになる。そんな…