植物

ツツジ

街角に、まだツツジが満開の場所があった。

芝生とシロツメクサ

シロツメクサが公園の芝生を侵食している。多くの人に踏みつけられているのに元気で勢力圏を広げている。人間が公園を綺麗にするために植えた芝生に生えてくるわけだから典型的な雑草といえるわけだけど、シロツメクサに座るとふんわりしているしひんやりと…

ピンクのヒメジョオン

昨日掲載のウスバシロチョウがいた場所のヒメジョオンの群落には、花弁がかなりピンク色の株も所々にあった。どういうことで出現するのだろうか。

キク科の花

キク科の花。調べてみたのだがこの種の花は多すぎて僕には同定できず断念。

キツネアザミ

キツネアザミはアザミと名が付くがアザミとはちょっと属が違うキツネアザミ属の植物だそうだ。アザミの仲間で探していても見つからなくて探す範囲を広げたら出てきた。他に「キツネ」がつく植物を調べてみたら、キツネノボタン、キツネノカミソリ、キツネノ…

クサノオウ

昼過ぎから単車で出かけた。山の登り道や田舎の道を乗っているとそれが面白くてなかなか停まって写真を撮る機会が少なくなる。分かれ道があってどっちに行こうかと迷ったようなときに仕方なく停まって、単車を降りたりする時が写真を撮るときになる。そんな…

黄緑色の植え込み

サクラもツツジも花が終わって黄緑色になった。そろそろ走り梅雨のような天気になってきたが、雨に濡れた葉の色が映える季節だ。

マツヨイグサ

アカバナ科マツヨイグサ属のマツヨイグサ。近年はメマツヨイグサに押されて減っているというが、近所の空き地にたくさん咲いている。このマツヨイグサ属には3つの系統があるそうで、黄色い花がマツヨイグサ系、白い花のツキミソウ系、赤い花のユウゲショウ…

アカバナユウゲショウ

朝早く散歩をしていたら、ピンク色の小さな花がどっさり咲いている場所があった。なかなかの壮観だった。花に寄ってみても、花弁にある放射状の線や複雑な雄蕊など綺麗な造形が観られた。夜になって調べてみると、アカバナユウゲショウという花だった。

バラ

大きなホテルの前の歩道を歩くと、ホテルの柵に咲いた色とりどりのバラの見物が出来る。今はまだ数は少ないが、何年か経てば成長して花も多くなることだろう。

朝の日差し

朝、出勤の頃の日は随分高くなった。背の高い木を見上げると葉を透かして光が落ちてくる。まだ葉は黄緑色。

シロツメクサ

シロツメクサという名前の由来は、割れもの荷物の詰め物(パッキン)に使われたからという。漢字で書くと「白詰草」となる。でも僕は、その見た目から「白爪草」の方が似合っていると思っている。

空き地の花

夕方の空き地に一輪だけ咲いていたサーモンピンクの花。ポピーだろうか、あるいはハナビシソウという種類だろうか。ところでハナビシソウを変換したら「花火思想」とでた。検索してみたら何年か前にそういうタイトルの映画が撮られたそうだ。知らなかった。

小さな花

散歩中に、たまたま立ち止まった場所で、たまたま足元に目をやって、たまたま見つけた非常に小さい花。シャーペンの芯のように細いけどシャーペンの芯より倍ぐらい長い茎の上に、僅かに紫色の花が咲いていた。小さいからコンデジのピントがなかなか合わなか…

梅の実

若い梅の実が落ちていた。まだ1センチぐらい。

アイリス

紫と黄色という補色のツートンカラーで目立っていたアイリス。

ハリエンジュ

ハリエンジュの別名はニセアカシア。蜂蜜になると一番色が薄い部類の上品なやつだ。この花の房をそのまま天ぷらにしても旨いと聞いた。未体験だ。

ヤグルマギク

今日も夕方は雨が降った。

ツツジと雫

3月あたりから週末は雨降りっていう天気が続いている。今日はまだ終末では無いが祝日で雨降り、この週末にも雨降りの予報が出ている。今日の夕方、雨が上がったところで散歩と買い物で外に出た。満開の白いツツジの花が雫をいっぱい纏っていた。ドラッグスト…

ネギ坊主2列

見栄えの違うネギ坊主が長く2列に並んでいた。微妙に種類が違うということなのかな。もしも、野菜の中で一番好きなのは? と聞かれたら、僕はたぶんネギと答えると思う。特に、よく焼いたやつがイイ。例えば、焼き鳥のネギマ。この場合、鶏肉はネギを引き立…

アヤメ

田舎道のカーブにアヤメが咲いていた。田舎はいろいろなところに花が咲いている。暮らしている人たちが植えて管理しているのだろう。そういうところが田舎の良いところで、散歩も退屈しない。

薄暗い道

薄暗い道のちょっと開けたところ。左の木々は新緑が茂り、右の竹林には黄色い葉が目立つ。多くの植物にとっての春は新緑の季節だが、それとは関係ない種もある。

ツルニチニチソウ

目立つ紫色の花がたくさん咲いていた。ツルニチニチソウという植物だそうだ。やや肉厚系光沢系の葉で、背は低く20センチぐらい。山道に群生していたが、観賞用に欧州から入れられた外来種だそうだ。

ヤグルマギクの庭

空き家の庭をいっぱいに埋めたヤグルマギクが満開だった。国破れて山河在り、城春にして草木深し、、、を思い出した。

タンポポと幼虫

タンポポにバッタ目の何かの幼虫が止まっていた。もう夏が近い。

タンポポ

タンポポ広がる。花と綿毛。

看板と草藤

この辺はごみの不法投棄が多いのだろうか、こんな目立つ色の警告看板があった。がけ下をのぞき込んでみると、確かにいくつかの粗大ゴミが見える。自分の家の庭にゴミを投げ入れられたらどんな気持ちになるだろうかと考えてもらいたいものだ。しかし、その警…

ヤマザクラ

新緑の山道を登っていて、カーブを曲がったところで見上げると、満開のヤマザクラが見えた。

タチツボスミレ

タチツボスミレが咲いていた。何故かあまり目立たない花だ。でも、一つ見つけると近くにいくつも株があることが分かる。

コナラ

今朝は良く晴れて少し冷え込んで、きりっとした感じの朝になった。桜の花が咲いている頃にはこんな日は無かったので、今頃になって花冷えがやってきたのだろうか。花冷えの花をサクラでは無くてアオダモやツツジやヤマブキに置き換えれば、まあ今頃でも良さ…